<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 色々あります。本当のことってなんですか?どなたか教えて下さい。 | main | 日本はアーティストの宝庫 >>
政治家という大人 映画『奇跡』を見て 
 意味わからん。
 なんで気にならへんの?

舞台の鹿児島で降り積もる灰に苛立ち、主人公がつぶやく。
是枝監督の映画『奇跡』を見てきました。

まるで今の原発を描いた作品ですか?
と、一瞬疑ってしまいましたが、
『当たり前の日常の美しさ』を描かれた
ほんの少し背中を押してくれるような映画でした。
そして、非被災者の私達が今見る映画だった気もします。

夢とか願いというような言葉は、
年齢を重ねるにつれ、
少しづつ他人行儀な言葉に変わっていくように思います。

いつまでそんなこといってんの?
現実を見なさいよ。
子供染みたこといわないの。

なんて、大人になるにしたがい様々な物を背負い、
それを言い訳に、夢というものは机上の空論のように
馬鹿にされるようになりました。

政治家たちは出来ない理由を吐く事を避け恥にまみれ、
出来ないよと吐いた人は政治家をやめさせられる。。。

まっ、政治家なんてどうでもいいです。
そんなように、
出来ない理由だけを争点にああだこうだっていうこと
よくありませんか?

夢はいつの間にか、
出来ない理由だけが語られるようになった気がします。
さてさて、それでは、これまであなたは
何のために夢を語っていたのでしょうか?

やめる為?諦める為?それともかっこをつける為?

映画の中に出てくる子供たちは、
夢を叶えるために『奇跡』を望み、
その『奇跡』を掴む為に足を踏み出しました。

現実はもちろん甘くありません。
子供のように馬鹿も言ってられません。
今日食わなきゃなりませんし、今日寝なきゃなりません。
それを考え続けなければならないのが『大人』です。
それは子供に比べて『大きな違い』でしょう。

でも、その責任を背負ったのは誰でしょうか?

出来ない理由ではなく、
やる方法だけを考えていた子供たちには、
もうなれないのでしょうか?

『責任』を背負うというのは、
『出来ない理由』を探すということなのでしょうか?

『責任』という言葉を言い訳に
私たちは『大人』になったのかもしれません。
ですが、それをただの重みに変えてしまったのは、
私たち大人だったのかもしれません。

こんなときだからこそ、
もう一度、出来る方法を語りませんか?
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hakufound.jugem.jp/trackback/156
TRACKBACK
夢について書いてみました。これからもどんどん書いていくのでよかったら見てください。
http://fblg.jp/mariruri888/article/2376929 | 大人になってやりたいことは? | 2011/06/15 00:05